乾燥肌の方でも安心して使える化粧品が登場

乾燥するお肌のスキンケア

基礎化粧品

乾燥から肌を守る

乾燥肌は皮膚の表面がカサカサに乾いた状態で、年齢よりも老けて見えます。乾燥肌の原因の多くは、年齢による水分不足によって発生する肌の衰えです。年をとると細胞が皮脂を作る能力が落ちていきますが、若い方でも乾燥に悩まされている人は多くいます。例えば人工的な脂を肌の上に多く含ませてそのまま朝を迎えると、細胞の働きは本来の働きをしなくなります。これが若い方でも乾燥肌になる原因の一つです。お肌の乾燥を予防するには、肌の水分が飛んでいくのを油膜によって抑える必要があります。なので自分の細胞によってつくる自然の皮脂はとても大切なのです。ただ肌が自らのバリア機能を回復するまでは人工の保湿が必要です。化粧品で補う場合は、細胞間脂質の主成分であるセラミドを補うことが、最も高い保湿ケアです。乾燥したお肌には洗顔と保湿で潤いを与えることが重要です。まず洗顔前に温めたタオルで顔を包みます。蒸気で肌が温まり血流を循環しやすく、毛穴を緩める効果があります。これによって奥に詰まった汚れも落としやすくなります。そして洗顔用ネットなどで優しくたっぷりの泡で洗ってください。化粧品で顔を強くこすると顔中に小さな小傷を作り色素沈着を起こします。洗顔後はタオルを押し当てるようにして優しく水分をふき取ってください。また乾燥肌と敏感肌は違います。敏感肌の場合は、肌のバリア機能が低下した状態で軽い刺激にも肌が過敏に反応してしまい炎症を起こしやすい肌状態のことをいいます。肌のバリア機能が低下した状態でほとんどの場合、乾燥肌から敏感肌になります。肌の乾燥はかゆみはしわ、ニキビなどのトラブルにつながるので専用化粧品での正しいケアを実践しましょう。肌に何が不足しているのかシンプルなケアをする方が有効的です。そのため無添加化粧品を使用することで、安心してスキンケアができるでしょう。